弁護士の歴史

古代

弁護士という存在はかなり昔からありました。古代ギリシャや古代ローマといった時代には詭弁や代弁といったことを裁判で行う職が存在していたのです。それが弁護士の「はしり」であるとも言われ、現代まで続く歴史のきっかけとなっています。


中世

古代から少し現代へと近づくと弁護士の存在というのも少し変わってきます。西ヨーロッパでにおいては主にローマ法の下の制度として発達しました。ラテン語においては「advocatus」、コモン・ローにおいては法廷に立つ資格の有無に差があります。 中世ヨーロッパでは法律家を養成するため、各大学に法学部が設置されていた。

日本では鎌倉時代に強化された六波羅探題と呼ばれるもののなかで、争い事の対応における弁論や口述が上手な代官が居たとされています。
そしてもう少し時代は進み、江戸時代において「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達した弁護士の祖形とも考えられます。しかしヨーロッパのように法廷で代理人として活動したわけではなく、債権の取り立てや、単なる口ぞえ人、あるいは官に提出する書類について便宜を図ってくれたりするという点では後に出てくる代書人と呼ばれる職業のほか、さらには今日の事件師といった存在に近かったため、しょっちゅう取り締まられるものの対象となっていました。明治のはじめの代言人は少なからずこの公事師が衣替えしただけの者であって、俗に訴訟1件を300文で引き受け、不適切な活動を行うという、いわゆる三百代言の語源ともなった三百代言の三百とは、実際に300文だった訳ではなく、二束三文のように価値の少ないことを表しています。現在でも弁護士を罵倒するのに三百代言という言い方をすることがあります。


近代

明治時代に入って日本に近代司法制度が導入された際に、公事師は代言人(だいげんにん)という名称に変わりました。
これが現在の弁護士の前身にあたるものと言われています。
しかし、当初は代言人になるための条件や社会的立場、活動できる範囲等が、現在の弁護士とは大きく異なっていました。
1893年に近代的な「弁護士法」が制定され、「代言人」に代わって「弁護士」という名称が使われるようになりましたが、その業務内容は今よりも制限されたものでした。
その後日本国憲法の公布などの影響から、最高裁判所裁判官に対する国民審査制度や、裁判官弾劾制度といった裁判制度が民主化されていきます。
さらに戦後様々な権利が国民に与えられ、現在の裁判制度や弁護士という職業が形成されたといえます。

現代において…

戦後か今までの間にインターネットが普及したこともあり、最近では弁護士も探しやすくなりました。インターネットも無い時代では弁護士を探すにも電話帳で探したり、人づてに紹介してもうなどのほかにはなく、また敷居も高く感じてしまうことにつながってしまいました。

弁護士に依頼しようとする場合には中々大変だった時代もあるということです。例えば知り合いが弁護士であったりするなどの場合は良いかもしれませんが、なかなかそういうパターンというのも少ないものです。

弁護士、それは孤高の存在に思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。困った事があっても相談しても良いものかどうか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

中々縁遠い存在だと思ってしまうと悩み事の相談もしづらくなってしまいます。しかし今はインターネットで弁護士を検索すると色んな法律事務所がでてきますよね。より依頼者の方にとってとっつきやすい法律事務所の弁護士はそうしたホームページを持っていたりします。

▲トップページへ戻る